自社に電話代行サービスを導入しましょう!

電話対応をレベルアップ

通話

外出中でも安心

電話代行サービスは、さまざまな用途に活用できる便利なオフィスアウトソーシングです。電話代行サービスの基本的なスタイルは、自社あてにかかってきた電話を専門業者の許へ転送し、オペレーターに代理応答してもらえるというものです。留守中や会議中などで電話に出られない時に利用するのが一般的ですが、プロフェッショナルな電話対応で会社のイメージアップを図りたいといった目的で利用されることもあります。電話代行サービスを提供している業者の数は多く、その様態も多種多様です。インターネット上には複数の業者に関する情報を一括してチェックできるポータルサイトなどもあるので、さまざまな角度から比較対照して最適な業者を選ぶようにします。電話代行サービスを選ぶ際に重要なポイントとなるのは、サービスの内容と料金です。転送された電話を受け、メッセージと連絡先を聞き取り、その結果を報告するというのがほぼすべての業者に共通した基本サービスですが、この他にも各種のオプションがあります。具体的には、通話内容を録音する、内線を取り次ぐように携帯電話に転送する、スケジュールを登録して問い合わせに対しその場で回答する、24時間対応で時間外アナウンスをする、などのサービスがあります。自分のニーズに合ったメニューが用意されているかどうかが重要になります。料金については、月間コール数に応じた1か月ごとの定額制が一般的なので、自分のところの平均的なコール数を概算した上で各業者の料金を比較するようにします。また、上記のオプションサービスの中にも業者によって無料で利用できる場合と追加料金が必要な場合があるので、合わせて確認します。

オフィス

売上を減少させない目的

顧客管理はビジネス上で重要視されています。既存顧客を大事にすることで売上の減少を防止する為です。しかしデータ入力が目的となってしまっており、顧客管理が形骸化しているケースが少なくないのです。本来の目的を維持することが大事なのです。

スーツの人達

会社の事務作業を外部委託

総務の仕事は自社の正社員が行うのがベストですが、その場合にかかるコストはかなりのものなのでアウトソーシングがおすすめです。流れとしては外部業者にまとめて委託することになりますが、その際には派遣社員などに任せるよりも安定した業務が期待できることを知っておきましょう。

紳士

プロジェクトの管理に必要

企業では常に複数のプロジェクトが進行しています。相互に関連のあるプロジェクトもあり、お互いの進捗状況や担当者などがわかりにくくなります。そのような時に利用したいのが案件管理システムです。各プロジェクトの情報やデータを一元化できます。業者によって費用は色々ですが、1ユーザーの年額は1万円程度です。