自社に電話代行サービスを導入しましょう!

売上を減少させない目的

オフィス

目的を形骸化させないこと

顧客管理を企業が重要視している理由は、新規顧客の売上を伸ばすことが難しい現在においては既存顧客をいかに大事にするかが重要視されているからです。顧客の管理を適切に行うことで顧客ニーズを把握することができる点や、顧客に対して新しいアプローチを適切にできるなどのメリットがあります。そのため膨大な顧客の管理を顧客管理システムを導入して管理することが行われているのです。しかしデータ入力が目的になってしまうなど形骸化されているケースが多くなっているのです。あくまでも本来の目的を見失わないように進めることが重要なのです。顧客管理で蓄積された情報は様々なアウトプットが可能になります。まず、新商品のアプローチです。今まで購入などをした履歴をもとに顧客の嗜好や方向性を見出すことができます。興味のある分野に対する商品紹介は極めて有効な手段なのです。そのため、顧客管理データベースをもとにDMの送付やアウトバウンドなどを実施することで販売促進につなげることが可能になります。また、顧客情報をもとにマーケティング分析を行う事ができます。顧客の継続期間などをもとに購入サイクルなどを出すことができるようになります。またエリアや性別、年齢などの属性をもとに集計することも可能になります。データを入力する手間はかかります。しかしその手間がかかったコスト分を投資回収するプランを立てることが顧客管理を行う上で重要なポイントとなるのです。